ファイル、ブックにパスワードを設定する方法

業務などで重要な情報を取り扱ったりする場合など、作成したエクセルブックを安易に他の人に見られないようにしたい場合があります。
そのような時は、ブックにパスワードを付けて保存し、保護することが出来ますので、その設定や解除の方法を見ていきましょう。

 

設定する方法)パスワードを付けてブックを保護する

他の人に見られないように、パスワードを付けて保護するのは、「保存」の際に設定します。

(1) ファイルを保存する際に表示されるダイアログボックスから、左下にある[ツール]ボタンを押し、表示されるメニューより「全般オプション」を選択します。

 

(2) 新しく表示される「全般オプション」ダイアログボックスより、以下の手順で設定をします。
%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%91%e3%82%b92

①[読み取りパスワード]・[書き込みパスワード]に任意のパスワードを入力します。
→(※入力した内容は「*」で表示が隠されます)
②[OK]ボタンを押して設定を完了します。

[読み取りパスワード]と[書き込みパスワード]の違いについて

[読み取りパスワード]・・・ファイルを開くために必要なパスワードで、入力しなければブックを開いて内容を見ることが出来ません。
[書き込みパスワード]・・・ファイルの内容を編集するために必要なパスワードで、内容を編集しようとするとパスワードの入力を問われ、入力しなければ内容を変更することが出来ません。

 

(3) (2)で設定したパスワードを再度、確認の為に入力するように求められます。
%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%91%e3%82%b93

①(2)で設定したパスワードを再度入力します。
②[OK]ボタンを押して再度、設定を完了します。

これで、パスワード設定が完了しましたので、一旦ブックを保存して閉じましょう。
(※保存しなければ設定が有効になりませんので注意してください)

 

(4) パスワード保護の結果

先ほどパスワード保護をしたブックを再度開いてみましょう。
開こうとすると、下の図のようにパスワードの入力が求められ、正しく入力しないと内容が見られないようになりました。

%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%91%e3%82%b94%e7%b5%90%e6%9e%9c

 

解除する方法)ブックのパスワード保護をやめる

ブックのパスワード解除も、保存の画面から行います。

(1) 設定時と同様の手順で[ツール]の[全般オプション]を開きます。
%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%91%e3%82%b91-1

 

(2) すでに入力されているパスワードを削除します。
%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%91%e3%82%b95%e8%a7%a3%e9%99%a4

①パスワード欄の入力を削除します。
②[OK]ボタンを押して設定を完了します。

これで、パスワードの解除が完了しましたので、一旦ブックを保存しておきましょう。
(※保存しなければ設定解除が有効になりませんので注意してください)

 

シートにパスワードを設定する方法

次に、ワークシート自体にパスワードをかけて、指定のシートだけはパスワードを入れない限り編集が出来ないようにしてみましょう。

 

設定する方法)パスワードを付けてワークシートを保護する

(1) パスワード保護したいワークシートを表示して、エクセルの上部[校閲]をクリック、表示されるリボンの一覧から、[シートの保護]を選択します。
%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%91%e3%82%b91

 

(2) 新しく表示される「シートの保護」ダイアログボックスにて、次の手順で設定をします。
%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%91%e3%82%b92

①[シートの保護を・・・]の欄に、解除の為のパスワードを入力します。
②[OK]ボタンを押して設定を完了します。

 

(3) (2)で設定したパスワードを再度、確認の為に入力するように求められます。
%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%91%e3%82%b93

①(2)で設定したパスワードを再度入力します。
②[OK]ボタンを押して再度、設定を完了します。

パスワード設定が完了しましたので、一旦ブックを保存しておきましょう。
(※保存しなければ設定が今後に引き継がれませんので注意してください)

 

(4) パスワード保護の結果

では、先ほどパスワード保護をしたシートのセル内容を実際に修正しようとしてみましょう。

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%91%e3%82%b94%e7%b5%90%e6%9e%9c

図のようなメッセージが表示され、内容の修正が出来ないことが確認できます。

 

解除する方法)ワークシートのパスワード保護をやめる

ワークシートのパスワード解除の方法は次のように操作します。

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%91%e3%82%b95-1%e8%a7%a3%e9%99%a4

①[校閲]タブの[シートの保護の解除]をクリックします。
②新しく表示される「パスワード保護の解除」ダイアログボックス内に、設定していたパスワードを入力して[OK]ボタンを押します。

ワークシートのパスワード保護の解除は以上となります。

 

範囲にパスワードをかける方法

最後に、ブックやワークシート自体にではなく、「あるセル範囲のみ他の人に編集されたくない・・」といった、指定したセル範囲のみにパスワード保護をする方法を見てまいりましょう。

 

設定する方法)パスワードを付けて指定したセル範囲のみを保護する

(1) 下準備として次の手順で、ワークシート全体の書式設定を変更します。
%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%83%91%e3%82%b91

①ワークシート左上の行・列番号が表示されている角の部分をクリックして、セル全体が選択された状態にします。
②セル内のどこか任意の場所で右クリックし、表示されるメニューの中から、「セルの書式設定」を選択します。

 

(2) 新しく表示された「セルの書式設定」ダイアログボックスにて設定を変更します。
%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%83%91%e3%82%b92

①上部の[保護]タブをクリックします。
②表示された内容のうち、ロックのチェック☑をクリックして外します。
③[OK]ボタンを押して設定を完了します。

これで下準備ができました。では、セル範囲の保護について(3)~の手順を見ていきましょう。

 

(3) パスワード保護したいセル範囲(今回はB4:C7)を範囲選択し、右クリックメニューから、「セルの書式設定」を選択します。
%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%83%91%e3%82%b93

 

 (4) (2)にて「ロック」が解除されていたため、次の手順で選択したセル範囲にのみ、再度ロックし直します。
%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%83%91%e3%82%b94

①上部の[保護]タブをクリックします。
②表示された内容のうち、ロックのチェック□をクリックしてチェックマーク✓を付けます。
③[OK]ボタンを押して設定を完了します。

 

(5) 「シートの保護」の手順で、シート全体にパスワード設定をします。%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%83%91%e3%82%b95

①[校閲]タブの[シートの保護]をクリックします。
②新しく表示される「シートの保護」ダイアログボックスの上部『シートとロックされたセルの内容を保護する』にチェックが入っていることを確認し、パスワード欄に任意のパスワードを入力します。
③[OK]ボタンを押して設定を完了します。

 

(6) 「パスワードの確認」が表示されますので、再度入力します。
%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%83%91%e3%82%b96%e3%83%91%e3%82%b9%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89%e5%85%a5%e5%8a%9b%e3%81%ae%e7%a2%ba%e8%aa%8d

①先ほど入力したパスワードを再度入力します。
②[OK]ボタンを押して完了します。

 

(7) パスワード保護の結果

では、パスワード保護をした結果を確認してみましょう。
まずは、セルB4をクリックして、セルの内容を変更しようとしてみます。

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%83%91%e3%82%b97%e7%b5%90%e6%9e%9c

図のようなメッセージが表示され、内容の修正が出来ないことが確認できます。

 

次に、範囲指定をしなかったセルD4をクリックして、「○」と入力してみました。

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%83%91%e3%82%b98%e7%b5%90%e6%9e%9c

こちらは、メッセージが表示されず、通常通り入力・編集が可能なことが分かります。

このように、セルの範囲ごとに「保護」をする方法を使うと、あるエクセルのブックを複数人で共有して使用する際に便利かもしれませんね。

 

解除する方法)セル範囲のパスワード保護をやめる

設定したセル範囲へのパスワード保護を解除したい場合は、ワークシートの保護を解除した時と同様の手順で操作します。

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%83%91%e3%82%b99%e8%a7%a3%e9%99%a4

①[校閲]タブの[シートの保護の解除]をクリックします。
②新しく表示される「シート保護の解除」ダイアログボックスに、設定していたパスワードを入力します。
③[OK]ボタンを押して完了します。

 

 

「ブック」・「ワークシート」・「セル範囲」のパスワード保護については、今の情報の電子化時代において非常に重要な意味を持ってきています。しっかり活用して備えていきましょう。